銀行系カードローン 比較ランキング!銀行カードローンで低金利キャッシングならどこがおすすめか?

銀行のカードローンは「安心して利用できる」と人気が高まっています。ホームページを見ているだけではわからない特性が浮き彫りにするために銀行のカードローンをいろいろなテーマで比較してみます。


融資スピードで比較

急いで借りたい!そんな時に気になる審査と融資のスピードを比べてみます。

メガバンク
商品名 審査回答 融資スピード
三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」 最短30分 最短即日
三井住友銀行カードローン 最短30分 最短即日
りそな銀行カードローン「りそなプレミアムカードローン」 最短2時間 最短即日
みずほ銀行カードローン 最短即日 最短即日

ネットバンク
商品名 審査回答スピード 融資スピード
住信SBIネット銀行 「MR.カードローン」 仮審査は最短60分 最短即日
じぶん銀行 カードローン 最短即日 最短即日
東京スター銀行「スターカードローン」 最短即日 最短即日
楽天銀行カードローン「スーパーローン」 即日~2営業日(数日かかる場合もある) 最短即日
イオン銀行カードローン 最短即日(14時までの申込) 最短即日

地方銀行
商品名 審査回答スピード 融資スピード
静岡銀行カードローン「セレカ」 最短30分 即日融資
横浜銀行カードローン 最短即日 即日融資
常陽銀行「キャッシュピット」 最短即日 即日融資
福岡銀行カードローン 最短翌日 最短2営業日

消費者金融
消費者金融名 審査回答スピード 融資スピード
プロミス 最短30分 最短1時間
アイフル 最短30分 最短即日
アコム 最短30分 最短即日
モビット 最短30分 最短即日
ライフティ 最短即日 -

上記で取り上げた金融機関のほぼすべて「最短即日融資が可能」としてます。 しかし、東京スター銀行では下記の通りタイトなスケジュールになっています。

  • 1.午前9:30までにホームページで申し込み完了。
  • 2.正午までに契約(インターネット)が終了した方

ホームページに詳しく「何時までに審査を終えて..」と書いてあるところはほんの一部で、「『最短で』即日融資ができる」とだけ書いてある場合はなるべく早く申し込みを行う方が無難です。

銀行のカードローンは消費者金融に比べて低金利というメリットがありますが、審査や融資にスピードを求めない方がよさそうです。





銀行のカードローンを限度額で比較

まずは、極度額でメガバンク、ネットバンク、地方銀行を比べてみます。

メガバンク
銀行名 限度額
三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」 500万円
三井住友銀行カードローン 800万円
りそな銀行カードローン「りそなプレミアムカードローン」 800万円
みずほ銀行カードローン「エグゼクティブプラン」「コンフォートプラン」 1,000万円
ネットバンク
銀行名 限度額
セブン銀行カードローン 50万円
イオン銀行カードローン 800万円
じぶん銀行カードローン 800万円
楽天銀行カードローン「スーパーローン」 800万円
東京スター銀行「スターカードローン」 1,000万円
住信SBIネット銀行カードローン 1,200万円
地方銀行
銀行名 限度額
静岡銀行カードローン「セレカ」 500万円
千葉銀行カードローン 800万円
常陽銀行カードローン「キャッシュピット」 800万円
横浜銀行カードローン 1,000万円
福岡銀行カードローン 1,000万円
消費者金融
金融名 限度額
プロミス 500万円
ライフティ 500万円
アコム 800万円
アイフル 800万円
モビット 800万円

銀行(メガバンク、ネット銀行、地方銀行)のカードローンの極度額を比べてみると500万円から1,000万円となっており、最高額は住信SBIネット銀行カードローンの1,200万円でした。

消費者金融の極度額は最高で800万円なので、800万円を超えて借りたい方はみずほ銀行やジャパンネット銀行、横浜銀行や福岡銀行のカードローンを申し込みましょう。

借り入れ希望額が500万円~800万円だと、メガバンク、ネット銀行、地方銀行、消費者金融の中から金利など諸条件で一番有利なものを選択する事ができます。

高い極度額で契約したい...
極度額が高いほど金利が低くなる傾向があるので、「極度額を高め ⇒ 借り入れ希望額を高めに設定」したくなりますが、それだけ審査も厳しくなりますのでその点に注意して申し込みましょう。




借り入れ金額と金利で比較

一番最初に商品を見た時に幅を持った金利が紹介されていますが、その商品全体の金利の中で借入金額によって金利が変化するのが一般的です。

<例>

  • りそな銀行の商品全体の金利※「3.5%~12.475%」
  • 50万借りる時の実際の金利「12.475%」

例えば、りそな銀行では上記の通り、50万円借りる時の金利は最高金利の12.475%となっています。 ※商品全体の金利とは、商品紹介の時に目立つところに表示される商品全体の金利です。

実際の金利をチェック
低額借りる時は最高金利もしくはそれに近い金利での借り入れとなります。表示されている低い方の金利でカードローンを選ばず、借入金額による金利で比較して選ぶようにしましょう。

「商品全体の金利」と共に50万円、200万円借りた時の金利の一覧を見てみましょう。

50万円借りた時の金利

50万円借りた時のメガバンクの金利
銀行名 金利 商品全体の金利
りそな銀行カードローン「りそなプレミアムカードローン」 年12.475% 年3.5~12.475%
みずほ銀行カードローン「コンフォートプラン」 年14.0%(※年13.5) 年3.5~14.0%
三井住友銀行カードローン 12.0%~14.5% 年4.0~14.5%
三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」 12.6%~14.6% 年1.8~14.6%

※住宅ローン利用など条件付の優遇金利


50万円借りた時のネットバンクの金利
銀行名 金利 商品全体の金利
住信SBIネット銀行カードローン 年7.99%(※年7.39~7.89%) 年0.99%~7.99%
イオン銀行カードローン 11.8%~13.8% 年3.8~13.8%
楽天銀行カードローン「スーパーローン」 年14.5% 年1.9%~14.5%
東京スター銀行「スターカードローン」 年1.8%~14.6%
セブン銀行カードローン 年15.0% 年15.0%
じぶん銀行 年2.2%~17.5%

※住宅ローン利用など条件付の優遇金利

50万円借りた時で比較すると、ネットバンクの住信SBIネット銀行カードローンの年率7.99%が突出して低くなっていますが、だいたい14%ぐらいと考えて良さそうです。商品全体の金利の中でも最高金利であることがわかります。


200万円借りた時の金利

200万円借りた時のメガバンクの金利
銀行名 金利 商品全体の金利
みずほ銀行カードローン「エグゼクティブプラン」 年7.0%(※年6.5%) 年3.0~7.0%
みずほ銀行カードローン「コンフォートプラン」 年9.0%(※年8.5%) 年3.5~14.0%
りそな銀行カードローン「りそなプレミアムカードローン」 年9.0% 年3.5~12.475%
三井住友銀行カードローン 10.0%~12.0% 年4.0~14.5%
三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」 9.6%~12.6% 年1.8~14.6%

※住宅ローン利用など条件付の優遇金利


200万円借りた時のネットバンクの金利
銀行名 金利 商品全体の金利
住信SBIネット銀行カードローン 6.39%~6.99%(※年5.79%~6.89%) 年0.99%~7.99%
イオン銀行カードローン 5.8%~11.8% 年3.8~13.8%
楽天銀行カードローン「スーパーローン」 6.9%~14.5% 年1.9%~14.5%
東京スター銀行「スターカードローン」 年1.8%~14.6%
セブン銀行カードローン 年15.0% 年15.0%
じぶん銀行 年2.2%~17.5%

※住宅ローン利用など条件付の優遇金利

50万円と比べて200万円の借入は、メガバンクのみずほ銀行が7.0%とネットバンクの住信SBIネット銀行カードローン6.99%にせまっており、メガバンクの金利がネットバンクより下回るケースが多くなっています。

200万円借り入れしても最高金利よりやや下回る印象程度で最低金利にはほど遠くなっています。





毎月の返済額で比較

借入残高10万円の場合

借入残高が10万円あった場合の毎月の最低返済額を比べてみます。(銀行により極度額で決まっている場合もあります)

メガバンクの毎月の最低返済額(借入残高10万円)
銀行名 毎月の最低返済額
三井住友銀行カードローン 2,000円
三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」 3,000円
りそな銀行カードローン「りそなプレミアムカードローン」 10,000円
みずほ銀行カードローン 利用限度額200万円未満 10,000円

ネットバンクの毎月の最低返済額(借入残高10万円)
銀行名 毎月の最低返済額
じぶん銀行 カードローン(利率13%超える場合) 2,000円
住信SBIネット銀行 カードローン 2,000円
楽天銀行カードローン「スーパーローン」 2,000円
イオン銀行カードローン 3,000円
セブン銀行カードローン(※) 5,000円
東京スター銀行「スターカードローン」 5,000円

※借り入れ限度額10万円型


消費者金融の毎月の最低返済額(借入残高10万円)
金融名 毎月の最低返済額
アコム 3,000円
プロミス 4,000円
アイフル(約定日制) 4,000円
モビット 4,000円
ライフティ 5,000円

ネットバンク、消費者金融では毎月の最低返済額が5,000円以下ですが、メガバンクのりそな銀行とみずほ銀行は10,000円と2倍になっています。


借入残高100万円の場合

次に、100万円の借入残高の場合で比較してみます。

メガバンクの毎月の最低返済額(借入残高100万円)
銀行名 毎月の最低返済額
三井住友銀行カードローン 15,000円
りそな銀行カードローン「りそなプレミアムカードローン」 20,000円
みずほ銀行カードローン 利用限度額200万円未満 20,000円
三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」 30,000円

ネットバンクの毎月の最低返済額(借入残高100万円)
銀行名 毎月の最低返済額
住信SBIネット銀行 カードローン 15,000円
楽天銀行カードローン「スーパーローン」 15,000円
イオン銀行カードローン 15,000円
じぶん銀行 カードローン(利率13%超える場合) 20,000円
東京スター銀行「スターカードローン」 25,000円

借り入れ残高が10倍に増えたのでいずれも大きく金額が上がっていて15,000円から30,000円となってます。

最低返済額をよく確認
三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」は借り入れ残高10万円の時は3,000円で済んだところ、借入残高100万円となると30,000円に跳ね上がることに目が行きます。

「毎月の返済額は3,000円」だと思って高額借りると毎月の返済は苦しくなってしいます。

他にも、じぶん銀行のように最低返済額が単純に10倍に跳ね上がっていることもあれば、りそな銀行カードローンのように2倍の20,000円の銀行もあります。

借入時にはあまり重視しないかもしれませんが、借りたら毎月必ずやってくる返済....借入金額(=借入残高)によって返済額がかわることも忘れずに選択しましょう。

また、逆に最低返済額が低いことに着目して選択すると長く返済することに繋がり、結果として利息を多く払うことにもなります。借入前に返済シミュレーションを活用することをおすすめします。





銀行口座が必要か不要かで比較

銀行のカードローンを検討する時は、口座が必要なのかが気になります。申し込み時に持っていなくても契約時には必要=カードローンと口座開設の同時申し込みが必要な銀行と、契約時にも必要ない銀行があります。


急いでいるときは注意
口座をもっていれば即日融資が可能な銀行でも、口座を持っていなくて開設する必要がある場合は時間がかかるため即日融資が難しくなってしまう場合もあります。急いでいる場合は注意しましょう。

急いでいない場合は、申込みと同時に開設すればいいので他の要素を優先できます。

メガバンク
銀行名 申し込み時 契約時
三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」 不要 不要
三井住友銀行カードローン 不要 不要
りそな銀行カードローン「りそなプレミアムカードローン」 不要 必要
みずほ銀行カードローン「エグゼクティブプラン」「コンフォートプラン」 不要 必要
ネットバンク
銀行名 申し込み時 契約時
楽天銀行カードローン「スーパーローン」 不要 不要
イオン銀行カードローン 不要 不要
セブン銀行カードローン 不要 必要
ジャパンネット銀行カードローン 不要 必要
東京スター銀行「スターカードローン」 不要 必要
住信SBIネット銀行カードローン 不要 必要

比べてみると、契約時....つまり最終的に借入まで口座開設の必要がない銀行はメガバンクもネットバンクも少数です。口座不要な銀行はカードローン専用のカードを使うことになります。

1枚で便利
口座を持っている場合はキャッシュカードにカードローン機能を追加することが出来る銀行もあります。カードが一つで済むので収納面でのメリットもあります。また、ローン専用カードを持たなことによりキャッシュカードで普通預金口座からお金を引き出す形で借り入れができるので周りの目が気になる方にもおすすめです。

また、プロミスやアコムのような消費者金融では口座自体がないので、こうした口座に縛られることなく借り入れできます。金利よりも口座の有無にかかわらず急いで借りたい場合や、無利息期間やポイントサービスなどで選びたい時は消費者金融を利用した方がいいでしょう。





収入証明書が必要な利用限度額で比較

カードローンの申し込み時に提出が必要な書類は、運転免許証などの本人確認書類の他に利用限度額によって収入証明書が必要です。収入証明書が必要とされる利用限度額は金融機関により違うので比較してみます。

メガバンク
商品名 収入証明書が必要な利用限度額
三井住友銀行カードローン 50万円超
三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」 200万円超
みずほ銀行カードローン 200万円超
りそな銀行カードローン「りそなプレミアムカードローン」 300万円超
ネットバンク
商品名 収入証明書が必要な利用限度額
住信SBIネット銀行 「MR.カードローン」 300万円超
楽天銀行カードローン「スーパーローン」 300万円超
イオン銀行カードローン 300万円超
じぶん銀行カードローン 300万円超
東京スター銀行「スターカードローン」 金額に関わらず必要
地方銀行
商品名 収入証明書が必要な利用限度額
静岡銀行カードローン「セレカ」 300万円超
福岡銀行カードローン 300万円超
横浜銀行カードローン 310万円以上
常陽銀行「キャッシュピット」 500万円超
消費者金融
消費者金融名 収入証明書が必要な利用限度額
プロミス 50万円超(※)
ライフティ 50万円超(※)
アコム 50万円超(※)
アイフル 50万円超(※)
モビット 金額に関わらず必要

※ 借り入れする消費者金融の借入額+他からの借り入れ額の合計が100万円超えの場合も収入証明書の提出が求められます。

銀行は利用限度額が200~300万円超から、消費者金融は50万円超から収入証明書が必要となるようです。

消費者金融は「収入の1/3以上お金を貸すことができない」という法律のもと融資を行っています。この決まりを総量規制と言いますが、銀行はこの総量規制の外にあるので収入証明書の提出が必要な額が消費者金融と比べて高くなっています。

銀行は収入証明書を提出しないからといって審査が甘いとか通りやすいということはなく、逆に厳しいでしょう。返済可能とみなされる職業や安定した収入が審査の鍵となっています。





保証会社

銀行のカードローンの利用条件を確認すると必ず「保証会社である××(株)の保証を受けられること」とあります。この保証会社と銀行の審査を通過できると無事カードローンの借り入れができるのですが、なぜ保証会社の審査を受けなければならないのでしょうか。

それは、カードローン利用者が返済できない時に保証会社が変わりに返済を保証してくれるからです。


借金はなくならない
保証会社が代わりにローンを返してくれることを「代位弁済」と言いますが、代位弁済しても借りたお金は無くならず、利用者は保証会社に返済する必要があります。

3者のメリット

お金を借りるには保証人を用意(もしくは担保=不動産等)し、返せなくなった時に代わりにお金を返す(もしくは不動産を売ってお金を返す)仕組みが必要でした。保証会社を利用することで「無担保・保証人なし」で借りられるようになったのです。

消費者金融(信販会社)が一つの事業として保証業務を行っています。近年、返済不能になった場合のノウハウを生かし業績をのばしています。銀行は返済不能になった場合の対応に不慣れなので、対応を任せられるのは大きなメリットがあります。保証会社は銀行から契約料をもらい、カードローン利用者は無担保・保証人なしでお金を借りる事ができます。


注意点は?

カードローン利用者が注意したい点は、審査に落ちてしまったことのある保証会社のカードローンに再度申し込みしないことです。

前述しましたが、銀行のカードローンは銀行と保証会社の審査を受けます。銀行の審査で落ちている場合は通過する可能性もありますが、実際にはどちらの審査で落ちてしまったか分かりません。すぐに同じ保証会社のカードローンの審査を受ける事は、落ちる確率が高いので避けた方がいいでしょう。審査に落ちが場合は個人情報に跡が残ってしまいます。

以下に参考として保証会社別に銀行のカードローンを分けてみました。同じ保証会社を使っている銀行は多いので商品概要説明書などで申込み前に確認しましょう。


保証会社:SMBCコンシューマーファイナンス株式会社

商品名 銀行種別
三井住友銀行カードローン メガバンク
住信SBIネット銀行 「MR.カードローン」 ネットバンク
北洋銀行カードローンスーパーアルカ 地方銀行
福岡銀行カードローン 地方銀行
横浜銀行カードローン 地方銀行

保証会社:アコム株式会社

商品名 銀行種別
三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」 メガバンク
じぶん銀行 カードローン ネットバンク
常陽銀行「キャッシュピット」 地方銀行

保証会社:オリックス・クレジット株式会社

商品名 銀行種別
イオン銀行カードローン※ ネットバンク
りそな銀行カードローン「りそなプレミアムカードローン」 メガバンク

※もしくはイオンクレジットサービス株式会社の保証


保証会社:新生フィナンシャル株式会社

商品名 銀行種別
東京スター銀行「スターカードローン」 ネットバンク
静岡銀行カードローン「セレカ」※ 地方銀行

※もしくは静銀ディーシーカード株式会社の保証


保証会社:株式会社オリエントコーポレーション

商品名 銀行種別
みずほ銀行カードローン メガバンク
千葉興業銀行カードローン「リリーフ」 地方銀行

保証会社:株式会社セディナ

商品名 銀行種別
楽天銀行カードローン「スーパーローン」 ネットバンク






カードローンコラム

キャッシングでお金借りる前にカードローンを比較

生活を送る中で時には想定外の出費が重なるなどして手持ちの現金が不足する事も有りますが、この様な場合にはキャッシングのサービスを利用して一時的にお金を借りるケースも出てきます。このサービスを利用検討する際にはまずカードローン選びからスタートしますが、実際に調べてみますと消費者金融系や信販系そして銀行などとても多くの会社がサービスを提供しています。どこがいいのかはまず比較です。そして各社のサービス内容には特長が有りますのでこれも加味しながら対応を図る事が求められます。利用時に気になる金利設定については消費者金融系が高くそして銀行が低い特徴を持っているのですが、消費者金融系の中にも一定期間以内に全額返済すれば金利分を免除してくれる会社も有ります。またお金借りる際には会社の審査が必要ですが審査基準は各社によって異なり、消費者金融系の場合には緩めの設定となっていて銀行は厳しめなのです。この審査に通過しますとお金借りる際の利用場所として提携している全国の金融機関やコンビニエンスストアに設置されたATMでキャッシング対応が可能です。コンビニは24時間営業しており、また全国各地に店舗が有りますので実質いつでも利用可能となっています。この様にキャッシングのサービスはとても便利に利用できるのですが、お金借りる事に対して慣れが生じてしまいますと、これに頼ったライフスタイルとなってしまいますので、返済を意識しながら計画的に利用する事が大切です。




通勤用の中古車を買う。どのカードローンを使う?キャッシングを比較

40歳女性ですが、キャッシングで50万円ほどお金借りることができました。実は車を購入したかったのですが、以前から中古車が欲しかったのです。そのため、ある程度はまとまったお金が必要になってしまいましたが、仕事もしているので少しずつなら返済できるだけの予定はありました。なのでカードローンに借入を申込みましたが、50万円もお金借りるのができたおかげで中古車も購入するお金としては十分でした。独身ではなくて既婚者ですが、フルタイムで働いている正社員であるのは大きかったです。審査結果は申し込んでから2日以内には知らせてくれたのが嬉しかったですが、対応は満足できるものだったのが印象的でした。それまでも車は持っていましたが、職場への通勤用に軽乗用車を手に入れたかったからです。車屋に行って中古車を見せてもらってみるとちょうどよかった車ですが、長距離も走れる車だったので気に入りました。その車を購入したかったのでお金を用意していましたが、どうしても少し足りなかったのです。だからこそ、キャッシングでお金を借りたのは悪くなかったです。無事に購入できてよかったです。キャッシングはどこのカードローンを利用するのか迷ったらサービスの比較をするといいと思います。




おすすめ!楽天銀行カードローンを比較

銀行のカードローンで私がお勧めするのは、楽天カードローン「楽天銀行スーパーローン」です。楽天カードローンの金利は4.9%~14.5%と低金利で、最大限度額は500万円まで設定可能となっており、専業主婦やパート、アルバイトでも借りることができます。学生でも、満20歳以上でアルバイト等で収入がある方であれば申し込むことが可能。利便性の観点からは、ネット経由で借り入れ、返済ができることはもちろんのこと、全国にあるコンビニエンスストアのATMでも借りれ返済ができるので、忙しい方でも大変便利。しかも、ATMの利用手数料は無料となっているため経済的。返済は月々3000円からのゆとりある返済プランが用意されています。楽天銀行に口座がなくても申し込み可能で、他社のローンがあっても大丈夫です。なぜならば、このカードローンは複数のローンをまとめて借り換えることができるからです。複数のローンがあると、月々の支払額も多くなり返済が大変になりますが、楽天カードローンにまとめて借り換えしてしまえば、金利も安いため、支払金額が低く抑えることが可能になる可能性があります。また、複数社で借りると返済期日の管理などが大変ですが、一社にまとめることにより、その手間を省くことができますので効率化が図れることになります。申込はネットで簡単に手続できます。さらに、限度額200万円未満であれば、収入証明書が原則不要。最短、当日中の融資も可能な銀行カードローンです。




融資審査の会社を比較する基準と手数料

資金調達を望む際には、よく融資審査を行う会社が検討されます。いわゆる借りる商品を検討する訳ですが、もちろん選択肢は色々ある訳です。ユビレジやスルガ銀行など、色々候補はあるでしょう。複数社を比較して、自分に最適な所を選ぶケースがほとんどです。

ところで選ぶ際には、破産の確率が1つのポイントになります。すなわち手数料です。 一般的に破産確率は、やはり手数料の高さと密接な関連性があります。むやみに手数料が高い会社では、法的手続きが必要になる事も、珍しくないです。状況により、任意整理が必要になってしまう事もあります。

ところが上記でも触れた融資審査を行う会社は、それぞれ手数料の高さは異なる訳です。会社Aは最大値が13ですが、会社Bは18などの具合です。もちろんBの方は、破産率は高めという事になります。 ちなみに様々な会社を比較した人々は、総じて銀行の低さに着目をしています。無難に借りたいと望むなら、確かに銀行は妥当な選択肢と言えるでしょう。




銀行と消費者金融会社の比較 返済額

キャッシングと言ってパッと浮かぶのは銀行のカードローンか消費者金融会社のどちらかではないでしょうか?果たしてどう違うのかをここでは返済に絞って比較してみましょう。銀行と消費者金融の返済の最大の違いは返済額の区切り方です。もちろん全て同じという訳ではありませんがあくまでも一般的にはという事です。消費者金融はかなり細かく区切られています。一方銀行のカードローンは消費者金融に比べると余裕があります。

例えば岡山県にある中国銀行のカードローン「コレカ」だと借入額が1万円から50万円までは定められた返済額は1万円分となります。このように銀行のカードローンは消費者金融に比べると余裕があります。ですからある程度の金額と長期間借り入れをする場合は銀行のカードローン、短期で少額の借り入れになりそうなケースだと消費者金融というのが使いやすさという点では言えるのではないでしょうか?但し2社同時に借り入れとなると審査が厳しくなる可能性があるので注意が必要です




カードローン選びで迷ったら何を基準に比較すればよい?

カードローンでお金を借りようと思っても、魅力的なサービスがたくさんありすぎて、どのようなポイントで比較すればよいか分からなくなってしまうかもしれません。

お金を借りると利息が発生しますので金利が低いサービスがよいのは当然ですが、ほとんどの会社で金利設定は横並びですので、いまいち決め手がなく迷ってしまうのではないでしょうか。

カードローンのおすすめの選び方としては、まず安心して利用できる知名度の高いサービスに候補を絞り、金利の条件も納得できるならば、あとは無利息サービスなどの特典や、Web完結などの便利なサービスでどこにするかを決めましょう。

利息をできるだけ安くしたい、他人に知られずに利用したいなどの要望があればそのニーズに一番よく合ったサービスを選ぶのがおすすめです。

もしすぐにお金が必要な状況のため借り入れを急いでいるのなら、最短30分審査などとアピールされている融資が素早いカードローンを利用しましょう。




カードローンを借りる前には比較する事が大切

カードローンを借りる前には比較する事が大切 日々生活をしていると、今月レジャーに行くからお金を借りたい時や生活費が足りない時など様々な状況によってお金が必要になります。そこで、カードローンの利用を考えると思います。

カードローンとは、金融機関から無担保でお金を借りる事ができ、分割返済が出来る融資のことです。また、カードローンは、銀行や信用金庫、消費者金融などが提供しています。

たくさん会社がありますので、利用の際には様々な点で比較する必要があります。銀行系のカードローンは金利が低くなっており、さらには総量規制の対象外であるので高額の借り入れをする事が出来ます。

また、信用金庫のカードローンでは、収入などだけではなく、しんきん保証基金の保証が得られる方で、信用金庫の借り入れ可能な地域にいる方が利用出来ます。お金を借りるには消費者金融しかないと思われがちですが、様々な選択肢を頭に入れ、毎月の返済で生活が苦しくなる事がないようにしっかりと計画していく事が大切です。




メガバンクのカードローンと銀行系消費者金融を徹底比較

キャッシングをする時はメガバンクのカードローンか銀行系消費者金融を利用する事が多いと思いますが、初めて利用する人はどちらを利用していいのか分からないという人が多いでしょう。そこでメガバンクのカードローンと銀行系消費者金融を徹底比較していきましょう。

キャッシングをする時に気になってしまうのが融資スピードと金利でしょう。メガバンクのカードローンは審査を慎重にするので融資を受ける事が出来るまで数日かかってしまう事が多いですが、銀行系は消費者金融は審査が最短30分で終了するので即日融資を受ける事が出来ます。そのため融資スピードに関しては銀行系消費者金融の方が優れています。

キャッシングを申し込んだら上限金利が適用される事がほとんどなので上限金利を比較してみるとメガバンクのカードローンは14~15%の間で設定されていて銀行系消費者金融はほとんどの業者が18%に設定されています。そのため金利に関しては低く設定されているメガバンクのカードローンの方が優れています。




速さや実施中キャンペーンで各社を比較

旅行好きの人々などは、様々な即日融資を比較する事があります。なぜなら、旅行先にて困るケースもたまにあるからです。 例えば、財布の紛失などが挙げられます。当然旅先にてそれを紛失してしまうと、大変困るでしょう。移動に関して、多大な影響が生じるからです。そういった時にキャッシングが検討される事も、しばしばあります。

それで比較基準としては、やはり早さです。何せのんびりしていると、旅先にて移動する事ができません。具体的に何時間程度で入金されるかは、各社を比較するポイントになります。

ちなみに会社によっては、特殊なキャンペーンが実施中という事もあります。そういった情報は、アンテナを張っておくと良いでしょう。なぜなら独自イベントが開催されている会社では、意外と速やかに資金を調達できる事もあるからです。それに加えて手数料の優遇が生じる事も珍しくないですから、キャンペーンも各社を比べる基準の1つになる場合があります。




デメリットなどをよく比較して借りる商品を選ぶ

日常生活では、色々な局面で買い物が必要になるものです。もちろん日常の身近な物品を購入する上でも、それは大切ですし、事業の為に買い物をするケースもあるでしょう。事業を営むとなると、資材が必要ですから、各種多彩な商品を購入するケースもあります。

理由は色々ですが、そういう時にはお金を借りる選択肢が浮上します。そもそも購入したいと考える時には、手持ち資金が充足状況とは限りません。それで資金調達をするのも大変ですから、確かに借りる事も有効な手段ではあります。 ただし借りるとなると、各商品のデメリットなどを確認する事も必要です。そもそも金融関連の商品にも、様々な種類がある事だけは、間違いないでしょう。もちろん各商品によってメリットも存在しますが、その逆にデメリットもある訳です。

それでデメリットを比べておく事は、確かに大切です。それ次第で、とても便利に借りる事ができるかどうかも変わってくるからです。比較サイトなどを用いて、よく比べてみると良いですね。




千葉銀行のキャッシングローンについて

いろいろな銀行のキャッシングローンがありますが、今回は千葉銀行のキャッシングローンについてお伝えします。 千葉銀行では、限度融資額の設定があるので注意して下さい。 また、関西などに引っ越す予定のある人は、正直千葉銀行はとても不便です。 地方銀行ではなくて、メガバンクの方が現実的です。 なので、千葉銀行は千葉から離れない人などが向いてます。 とにかくいろいろな銀行のキャッシングローンがあるので、比較しないと何も始まりません。 キャッシングローンがブレークしてしまう可能性もあるので必ず比較するようにして下さい。 千葉銀行にこだわる人は、とにかく千葉銀行の窓口に行ってみる事をおすすめします。 実際に行ってみて、限度融資額などについての情報を得て下さい。 ブレークについても聞けたら尚良いです。 キャッシングローンの悩みがいろいろある人も全ての悩みは必ず解決させるべきです。 利用前に悩みがあると、あとで困るので、始めにするのが肝心です。




インターネット専業銀行であろうとも

インターネット専業銀行でもキャッシングサービスをやっています。より正確にいうのであればカードローンという事になりますがそれでも非常に良いサービスであることは確かであるといえるでしょう。また銀行系になりますから数百万円単位で借りることができるようになりますから、他のところとしっかりと比較していくべきでしょう。申込の仕方もインターネットを活用する、ということになりますから、ネット環境があることは必須になるといえることでしょう。

しかし、とにかく良いサービスであることが多いのは確かでしょう。インターネットがメイン、と言うよりは専業ということになっていますから、とにかく効率性を重要視している、ということが多くありますから普通の銀行よりも何かと便利であることが多いのです。これはよくよく知っておいたほうがよいでしょう。つまりは、しっかりと活用する価値がある、ということになりますからよくよく比較しておきましょう。




キャッシングでレストランをリニューアル

私の実家は小さなレストランを経営しています。高校を卒業した私は東京の調理師専門学校へ進学し、その後は都内のレストランで修行をしました。今は私が継いでいるのですが老朽化が進んでいます。そこで、キャッシングをしてレストランを大きくリニューアルしたのです。

小さいころから料理に興味がある

私の実家はレストランを経営しています。私の住んでいたエリアにレストランが少なかったこともあって、人気店とされていました。小さいころは友だちが家族で食べに来ることもあり、私にとってこのレストランは自慢だったのです。もちろん料理をすることにも興味があり、父から料理を教えてもらっていました。高校になると実家のレストランで本格的にアルバイトを始めました。ある程度料理ができるようになると、さらに上のテクニックを身につけたくなるものです。そこで、私は高校を卒業すると都内の調理師専門学校へ進学をしたのです。これまでは洋食しか作ったことがありませんでしたが、この専門学校では和食や中華料理も学ぶことができたのです。これによって、私の料理の幅が広がりました。さらに、スイーツやお酒などの勉強もできたので、良い経験になったのです。

東京の修行を終えて実家を継ぐことに

専門学校を卒業すると都内のレストランに就職をしました。比較的小さいレストランだったので最初のうちから即戦力として使って貰えました。このレストランの店長が非常に面倒見の良いタイプで、私の相談などに乗ってくれました。私は店長に「いずれ実家のレストランを継ごうと思っている」と伝えると、実家のレストランで使えそうな新メニューのアイデアも出してくれたのです。5年ほど修行期間を経て、私は実家のレストランを継ぐために地元に戻りました。実家のレストランは常連さんが多いため、お気に入りのメニューを覚えなければならないので苦労しましたが、実家のレストランで働けることが嬉しかったのです。そして、私は修行先の店長に教わった新メニューを提案して、それが人気メニューになったのです。

リニューアルのためにキャッシング

私の学生時代の同級生も食べに来てくれました。さらに、実家のレストランは年齢層の高いお客さんが多かったのですが、私の新メニューで若いお客さんが来てくれるようになったのです。さらに、私は専門学校でスイーツの勉強もしていたので、スイーツメニューも充実させました。レストランが繁盛すると、さまざまな部分が気になってしまいます。特に店内の壁紙の傷みが激しく清潔感がありません。そこで、家族と相談をして全面的にリニューアルすることにしたのです。壁紙だけでなくインテリアや外装なども新しくするとなるとお金がかかります。そこで私は消費者金融モビットのカードローンを利用することにしたのです。トータルで100万円ほどキャッシングをしたのですが、これでお客さんがたくさん来てくれれば問題ありません。

リニューアルしたことでさらに繁盛

私はリニューアル機関を利用して新メニューの開発を行いました。それからしばらくして改装工事が終了すると、多くのお客さんが食べに来てくれたのです。さらに、リニューアル機関に考えた新メニューの評判も上々です。キャッシングの返済は大変ですが、これによってお客さんが増えたので、リニューアルは成功だと思います。
(体験者情報:モビットから100万円借入した39歳飲食業の男性)




このページの先頭へ